危険

プラセンタって何?

今ではその名前を知らいない女性はいないほどに有名な美容成分である「プラセンタ」ですが、
どんな成分であるのか詳しく知らない方も多いかもしれませんね。
なんとなく美容に良いみたい、アンチエイジングに効果があるみたい、芸能人や女優たちも愛用しているからとサプリメントや化粧品を使用している人も多いと思います。

プラセンタは、哺乳動物の胎盤のことです。

医薬品の世界では、胎盤のことをプラセンタと言います。
胎盤は、妊娠中の母親のお腹の中に臨時的に作られる臓器で、お腹の中の胎児を包みこみ、この中で胎児は急激な成長をしていきます。
人間以外のほとんどの哺乳動物は、出産した後にはこの胎盤を自分で食べてしまうそうですが、これは産後の体力回復に役立てるという意味があるようです。

紀元前からすでに、この胎盤から抽出されるプラセンタエキスのパワーは知られていて、
歴史上の多くの女性たちが若々しさや美を保つために、不老長寿の薬として用いられてきたのです。

母親のお腹の中にいる胎児にとってプラセンタはとても重要な役割を持っています。
胎児と母親を結び胎児の生命を維持し、さらに成長を促すという、とても大切な働きがあるのです。

胎児が母親のお腹の中にいる期間はたったの10ヶ月です。
1つの受精卵がこのわずか10ヶ月の間で、およそ3キロにまで成長していくのです。
これはプラセンタ=胎盤の中に、胎児の発育にとって必要なあらゆる栄養や物質が含まれているからです。

このような素晴らしい働きのある胎盤から抽出されたエキスには、大人の人間にとってもアンチエイジングをはじめとするさまざまな効果があります。
通常販売されているプラセンタのサプリメントや化粧品などには豚や馬などの哺乳動物から抽出されたエキスが使用されていて、プラセンタの注射には人間のエキスが使用されています。
生命を育む神秘的なパワーが詰まっているプラセンタを摂取することで、多くの人が疲れにくい体になった、美肌になった、健康な体になったりと、と実感していますよ。

プラセンタというと動物性が一番有名ですが、その他にも植物性や海洋性もあります。
植物性についてはこちら


海洋性についてはこちら


にそれぞれ詳しく解説されています。

Copyright(C) 2013 生命の源で健康維持 All Rights Reserved.