危険

プラセンタの成分は?

胎盤から抽出されたプラセンタエキスには、生命を維持するための豊富な栄養素を含んでいます。
母体と胎児をつないでいる重要な器官である胎盤=プラセンタには、どのような成分が含まれているのでしょうか。
まず特定の細胞の増殖や分裂を促進する働きのある成長因子です。

細胞の代謝を促進する働きのある成長因子は、ほんの少しでも効果を発揮します。
そして体の各細胞を作り出す原料となるアミノ酸です。
毎日の食事の中でも肉や魚などのたんぱく質からアミノ酸を摂取していますが、これらのたんぱく質はアミノ酸が結合している高分子化合物なので吸収率がとても低いのです。

そのまま吸収されずに体の外に排出されるものがほとんどなのです。
しかしプラセンタに含まれているアミノ酸は、単体から構成されているので、体への吸収力にとても優れています。プラセンタが美容効果に優れているのは、このアミノ酸のおかげなのです。
他にも人の体を作る大切な栄養素であるたんぱく質や、脂質・脂肪酸、体のエネルギー源となる糖質、代謝をスムーズにする働きのある各種ビタミン類、血液や体液の調整などの働きのあるミネラル。

さらにプラセンタには、遺伝子の修復や代謝機能の調整に作用する核酸も含まれています。
この核酸は、アンチエイジングにとってとても重要な成分で、肝臓で合成されている核酸ですが、20歳をピークに40歳くらいから急激に現象していきます。
これが老化が急激に進んでいく理由であるとされています。

プラセンタで核酸を補うことでアンチエイジングができるのです。
プラセンタはこのように健康や美容に欠かすことのできない栄養素がギュッと詰まっているのです。
毎日の食事では補いきれない成分、年齢とともに現象していく各種成分を効果的に摂取できるプラセンタで、いつまでも若々しくて、健康な体作りをしたいですね。
プラセンタのサプリメントは種類も豊富で、含まれている成分量や価格などもそれぞれ違います。
より効果を得るためにも良質のプラセンタ商品を選んで下さいね。

Copyright(C) 2013 生命の源で健康維持 All Rights Reserved.