危険

プラセンタは肌にいい?

多くの女性がプラセンタをサプリメントや美容液で摂取していますね。
美しい肌を目指してプラセンタを使用する人も多いのですが、この成分はお肌にどのように作用するのでしょうか。
お肌は外側にある表皮とその内側にある真皮から構成されているのですが、
この表皮と真皮の両方にプラセンタのサプリメントは作用してくれます。

化粧品の場合には、真皮にまで有効成分を浸透させることは難しいのですが、体の内側から作用するサプリであれば真皮にまで有効成分を届けることが可能にあり、顔はもちろん全身のお肌に作用してくれます。
プラセンタの効果として表皮の再生力を上げてくれることがあります。
肌の表皮は通常28日周期でターンオーバーを繰り返しているのですが、年齢とともにこのターンオーバーの周期が遅くなってしまいます。

表皮の下では新しい組織が作られていて、28日間周期でどんどん外に押し出されて剥がれ落ちていくので、シミやくすみのないキレイな透明感ある肌が保てるのです。
しかしターンオーバーの周期が乱れる、遅くなったお肌は、古い皮膚がなかなか剥がれ落ちないので、くすんだお肌になったり、発生したメラニン色素も肌の外側に排出されなくなるので、シミができやすくなってしまいます。
若い頃のような透明感のある白い肌になるためにはターンオーバーを正常にする必要があるのです。

プラセンタに含まれている成長因子は表皮の細胞分裂を活発化する作用があるのでターンオーバーの周期を正常に保つ効果があります。
またプラセンタの血行促進作用も肌のターンオーバーを正常化するのに役立ってくれます。
そしてプラセンタはお肌の真皮層にある美肌にとって欠かすことのできないコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の3つの成分の生成を促進する働きもあります。
お肌のターンオーバーを整えて、年齢とともに減少していく美肌成分の生成をサポートしてくれるプラセンタは、女性の美肌作りには欠かすことのできない成分なんですね。

↓プラセンタの理想的な摂取量
 

Copyright(C) 2013 生命の源で健康維持 All Rights Reserved.