危険

プラセンタ注射とは?

古くからたくさんの国で愛用されてきたプラセンタ。
不老長寿の薬として知られてきたプラセンタの歴史は長く、
最近でこそ多くの女性が美容、アンチエイジングを目的に利用するようになりましたが、この成分にはすごいパワーが秘められています。

不足しがちな成分を補うだけでのサプリメントという役割にとどまらず、体本来の持つ自然治癒力を高めるための働きが期待できるのがプラセンタなのです。
美容液として原液をそのままお肌につけることもできますし、錠剤のサプリメントとして服用することもできます。
最も即効性があるのがプラセンタ注射で、美容クリニックで受けることができます。
サプリメントやコスメに使用されているものは、主に馬や豚などの動物から抽出されたプラセンタエキスですが、注射に使用されているのは人間の胎盤から抽出されたものです。

手軽に自分で購入できるのもではなく、クリニックでしか受けることができないので中尉してください。
プラセンタ注射の方法は皮下組織に直に注射する方法と点滴の2種類があります。
点滴は血管に針をさして注入するので、よりダイレクトに体内にプラセンタをいれることができます。

効果的にプラセンタの栄養素が吸収されるので、即効性は抜群です。
皮下組織に針を指す、筋肉注射の場合には、点滴よりもゆっくりと体内に栄養素を吸収できます。
点滴の方が費用が割高になるようです。

またプラセンタの美肌効果、体への効果をさらに効果的に得るために顔に直接注射をすることもあり、肩こりを治したい場合には、肩などの患部に直接注射をすることもあるようです。
聞いただけで痛そうですね。
この注射は1回行えば終わり!というものではありません。
もちろん、1回の注射で、疲れが取れた!などの効果を実感できる人もいますが、通常であれば1週間に1回、回数を重ねれば1ヶ月に2回は継続的に行っていくことが必要になります。

Copyright(C) 2013 生命の源で健康維持 All Rights Reserved.